hteロゴオーロラ3.jpg
人気のパワースポット・癒しの聖地を写真で紹介します。癒す人づくり。癒される空間づくり。  応援します!癒す人。
聖地 癒し パワースポット 東京のパワースポット パワースポット写真 パワーフォト パワースポット聖地写真 本物の癒し 直傳霊氣 レイキヒーリング

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



Power spot photo gallery

出雲國神仏霊場 

宍道湖、中海を囲んで、美しい豊かな自然が残る「日本の心の故郷」

島根・鳥取両県の20の神社仏閣が神仏や宗派を超えて連携し、出雲の国に古くから残る、人と人との「ご縁」を尊ぶ心、「和」の心の大切さを発信しようと設立された聖地巡礼コースです。出雲大社や一畑薬師などの有名な場所以外にも心癒される場所が沢山あります。出雲空港からではなく、米子空港から入り大山・松江・宍道湖を訪れ出雲に入るのも乙なものです。

島根の高速道路は

大国主大神は譲りに譲る大神。高速道路では、関東でよく目にする《遅い車は左側車線》とか《右側 追い越し車線》などの表記はなく、《譲り車線》と左に出ています。ステキですね!遅いからどくのではなく、追い抜く為に右側を走るのでもないのです。譲る車線なのです。譲っているのだから追い越されても気になりませんね。日本中の道路表記を譲り車線にすればいいのにね。

父子で聖地巡り

大山・松江・宍道湖・中海・・・そして出雲へ。親子でステキな聖地を巡ります。

IMG_7155.JPGimg162.jpg
うちの長男・みっちゃん。一歳を少し過ぎた頃からよく二人で出かけていた。丁度、聖地の撮影を始めた頃だったので、どこに行くのも一緒だった。今では旅慣れた!?もので自分のカバンは自分で運ぶ。中身は半分くらいはオムツだが・・・。男の子だから、親から離れる時期が早いのではと思う。一緒にいられる間は極力一緒にいようと思う。

img004.jpgIMG_7163.JPG

迷子になった!

米子空港でレンタカーの書類の記入の間、『ここで待っててね。動いちゃ駄目よ。』とカバンを置き書類を・・・・。途中で暑いし書類が書きづらいのでコートを脱いで・・・・。レンタカーの手続きを終えたら、みっちゃんがいない!蒼くなって空港の中を右往左往。見当たらない・・・・。一旦カバンを車に・・・・・『あら!』そうなんです、『動かないでね。』の後に上からコートを・・・・・。本人はまったく動いてなかったんですね。あー恥ずかしい・・・。こんな調子で父子の旅は続きます。

米子から出雲へ

oogamiyama2908.JPG

大神山神社

最初に訪れたのはここの神社でした。なんとも言えない素晴らしい参拝をさせて頂きました。歓迎されたようでした。本社:大穴牟遅神(おおなむぢのみこと)。奥宮:大己貴命(おおなむちのみこと)を祀っています。いずれも大国主命の別名です。

surume_7293.JPG

洗濯物?

何やら風に揺られていました。店先に洗濯物!?あらよく見れば・・・・・烏賊。この地方ではこうやって干しておくようです。

unjuji3122.JPG

観音様

いつもご縁の深い観音様。今回、参拝の途中、参道にいらしたこの観音様が、どうしても気になって近くで手を合わせたら、あら、くもの巣が・・・。ざっとですが、くもの巣を掃って本殿に参拝に向かいました。この後から不思議なことが沢山・・・。

mineji3177.JPG

偶然という完璧なタイミング

観音様のくもの巣を掃ってから、カーナビが狂って同じ道を行ったり来たり。挙句の果てにまったく違う場所の地図が表示されて、仕方なく観光案内の地図と勘を頼りに進むことに。ようやっと辿り着くと『丁度これから始まるので、中へどうぞ!』『???ありがとうございます。???』それは、何だったのかと言うと秘仏のご本尊さまである観音像が千数百年ぶりに外へお出かけになり(国立博物館の秘仏展にお出かけになっていたそうです)三日前に、ここにお戻りになり、今日の正に今、仕舞われるそうで次のご開帳は25年後なのだそうです。この最後の法要に同席させて頂いた事に感謝です。本当に素晴らしいタイミングで来させて頂きました。ありがとうございました。

中海そして宍道湖。

nakaumi3454.jpgsinjiko_3166.jpg

恵み多き土地

移動の途中で目にする風景。中海ではいっせいに船が出て漁が始まるところを見ました。宍道湖では夕景が美しかったです。この地方は空が厚く独特の空気感と雲のドラマが楽しめます。

babaa7436.JPGbabaa_7439.JPG

ばばあ?

中海や宍道湖そして美保湾・日本海と恵み多い土地。夜のお食事も楽しみの一つです。今回はお魚の美味しいお店に。『このお魚なんですか?』『こちらは、ばばあ でございます。』初めて見た・聞いた!そんなお魚でした。見かけより上品でさっぱりしたお味で美味しかったです。

神在月の神迎祭

inasa_7174.JPGizumo_7185.JPG
出雲大社で行われる神迎祭。日没後に浜で執り行われます。今回の出雲への旅の目的の一つはこの神迎祭に参加する事でした。厚い雲の下、日没を向かえ、出雲大社の御幣が配られ厳かに神事は執り行われます。

mukae_7195.JPGmukae7198.JPG

雨が降り風向きが変わる。

神事が始まり少し経つと風が強く吹き祝詞が奏上されると雨がパラパラと。ここ出雲は龍蛇神様も祭っています。龍神様が通る時は雨が降ると言われています。数分間パラパラと雨が降り、祝詞が終わるまで風は出雲大社の方から海へ向かって吹いています。炎の流れも海へなびいています。が、祝詞奏上が終わると一気に風が海側から出雲大社の方へ向かってゴォーっと吹きました。神計りに集まられた神様が大社にお入りになられたのですね。

出雲国神仏霊場巡り

IMG_3776ok.jpgIMG_3792ok.jpg
出雲の神仏霊場を巡るときに専用のご朱印帳と、参拝した寺社一つから一つ分けて頂き繋ぎ合わせる念珠があります。どちらも有料ですが、一つ一つ積み上げて行く楽しみもあります。

IMG_3781ok.jpgIMG_3783ok.jpgIMG_3787ok.jpgIMG_3795ok.jpg

満願になりました!

出雲の神仏霊場巡りがあるのは参拝の途中で気付きました。なので、先に参拝に行ってしまった分は郵送で送って頂き、巡礼を続けました。僕の場合は、年末に出雲大社にお礼に参拝に行く時に二泊三日で巡礼をするので二年かかっての満願でした。1番から順番に巡ったわけではないので満願を迎えたのは美保神社でした。ご祭神は偶然にも大國主神の第一の御子神(みこがみ)で、「ゑびすさま」でした。ここは全国各地にあるゑびす社3385社の総本社なのです。大黒様にお礼に行って、「ゑびすさま」で満願を迎えるなんてステキですね。御朱印帳と念珠で満願の確認をして頂いたら満願証と満願勾玉、それから記念品(金の鯛)を頂き、お神楽も舞って頂きました。とても幸せな時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました。

出雲国神仏霊場巡り 八重垣神社

yaegaki7470.JPGyaegaki7509.JPGyaegaki_7500.JPG
縁結び占いで有名な神社。鏡の池に浮かべるとメッセージが・・・。

IMG_7481.JPGIMG_7624.JPG

旅行中はしっかりもの。

普段はとっても甘えんぼなのに、旅行中、特に父子で聖地巡りの時はしっかりもの。だっこ!と言う回数も少なく階段もどんどん登って行ってしまう。頑張りすぎて突然電池切れでお昼寝なんて事もよくあります。今回も楽しく盛り上げてくれて出来ることは自分でしっかりやってくれました!ありがとう。