hteロゴオーロラ3.jpg
人気のパワースポット・癒しの聖地を写真で紹介します。癒す人づくり。癒される空間づくり。  応援します!癒す人。
聖地 癒し パワースポット 東京のパワースポット パワースポット写真 パワーフォト パワースポット聖地写真 本物の癒し 直傳霊氣 レイキヒーリング

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



Power spot photo gallery

IMG_5917.JPG

東京雑司ヶ谷・鬼子母神

安産・子育ての神とされる

鬼子母神は夜叉神の娘で、千人とも言われるくらい多くの子供を産みました。
しかしその性質は暴虐この上なく、近隣の幼児をとって食べるので、人々から恐れ憎まれました。見かねたお釈迦様は、その過ちから帝母を救うことを考えられ、その末の子を隠してしまいました。その時の帝母の嘆き悲しむ様は限りなく、お釈迦様は、
「千人のうちの一子を失うもかくの如し。いわんや人の一子を食らうとき、その父母の嘆きやいかん」と戒めました。
そこで帝母ははじめて今までの過ちを悟り、お釈迦様に帰依し、その後安産・子育の神となることを誓い、人々に尊崇されるようになったとされています。
これが、安産・子育ての神になった由来です。
IMG_4603.JPGIMG_0592.JPG
ここの鬼子母神は鬼形ではなく、羽衣・櫻洛をつけ、吉祥果を持ち幼児を抱いた菩薩形の美しいお姿です。またツノがないので鬼子母神の感じにもツノがありません。

IMG_0577.JPG

鬼子母神堂の屋根には

境内のあちらこちらに、ステキな彫刻が見られます。

IMG_0572.JPGIMG_0570.JPGIMG_0571.JPG

鬼子母神堂の裏手には東京で希少な妙見様。

エネルギー的にはこちらが正面では?と思えるほどの強さというか神々しさ。祭られているのは妙見様。妙見信仰は道教に始まる。道教では、北天にあって動かない北極星(北辰)を宇宙の全てを支配する最高神・天帝として崇め、その傍らで天帝の乗り物ともされる北斗七星は、天帝からの委託を受けて人々の行状を監視し、その生死禍福を支配するとされた。北辰・北斗に祈れば百邪を除き、災厄を免れ、福がもたらされ、長生きできるとの信仰が生まれ、その半面、悪行があれば寿命が縮められ、死後も地獄の責め苦から免れないともされた。

仏教では妙見尊星王(みょうけんそんしようおう)、北辰(ほくしん)妙見菩薩とも呼ばれる、通常「菩薩」とは、「悟り(真理)を求める者」の意であり、十界では上位である四聖(仏・菩薩・声聞・縁覚)の一つだが、妙見菩薩は他のインド由来の菩薩とは異なり、中国の星宿思想から北極星を神格化したものであることから、大黒天や毘沙門天・弁才天と同じ天部に分類されている。
ここの妙見様は是非参拝して頂きたいスポットの一つです。
日本では神仏習合の折に妙見菩薩と同一と見なされている天之御中主神を祭神とした時期もあった。千葉県の千葉神社がそれである。
IMG_0592.JPG
鬼子母神のホームページでは、鬼子母神として紹介されていますが・・・・・・。
妙見菩薩のお姿にそっくりです。僕としては、妙見菩薩さまだと思います・・・。

IMG_0586.JPGIMG_0587.JPGIMG_0588.JPG
妙見堂の屋根部分にもステキな彫刻。それぞれの彫刻の意味を調べると歴史が紐解けます。

IMG_0580.JPG

大黒堂

今回やっと気付きましたが、この中に祭られている大黒様は凄いです。本来は本堂の中で安置され秘仏とされる位のレベルのものです。こんな間近にご挨拶できるとはびっくりでした。大黒堂は日曜日とご縁日(8日、18日、28日)に団子屋として開けられています。是非立ち寄ってください。

IMG_0582.JPG

金剛不動尊を安置した法不動(のりふどう)堂

ここの不動様もかなりのパワーです。

今回の一番のパワースポット☆

ご神気はここに集まってましたね。
IMG_0595.JPGIMG_0602.JPGIMG_0621.JPG

倉稲魂命(うけみたまのみこと)を祀った古社武芳稲荷

古来この地が稲荷の森と称されていた頃からのエネルギーに満ちた場所で完全なご神域です。このご神域内に樹齢約700年の大公孫樹(おおいちょう)もあります。
宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)、『日本書紀』では倉稲魂尊(うがのみたまのみこと)と表記され、京都・伏見稲荷大社の主祭神でもある、稲荷神(お稲荷さん)として広く信仰されて別名をミケツカミ(御饌津神)。キツネの古名である「ケツ」と混同し同一視され狐の神様と勘違いされるが、キツネの姿をしているのは稲荷神のお使いである。
前回の訪問時もここは凄いパワーでしたが、今回。順を追って参拝したらもの凄いエネルギー交流が出来ました。

鬼子母神の参拝順路

順に参拝していく意味がキチンとあります。
IMG_0580.JPGIMG_0593.JPGIMG_0592.JPGIMG_0571.JPGIMG_0582.JPGIMG_0619.JPGIMG_0640.JPG

右側から順に回ります。

仁王様を過ぎると右手に手水舎。なので、ここのご神域は右回りに「なります。すると、まず大黒様(軍神・戦闘神、富貴爵禄)。次に鬼子母尊天(帰依・護法善神・子育て、安産)、妙見様(善悪や真理をよく見通す・国土擁護)、不動明王様(揺るぎなき守護者)・、武芳稲荷様(開眼・開運出世)、ご神木(感謝・成長)の順になります。解釈の仕方は、自由です。
ここのエネルギーは、訪れる人の幸せの全てを担うものが、全て揃っての優しいご神氣だったのですね。